パソコンから携帯へリアルタイムにメール配信



EMADシステム導入のきっかけは?
レンタルショップの成功事例などを聞いていたので、携帯メールの配信に非常に興味がありました。
しかし、自店への導入の費用対効果に大変不安がありましたが、EMAD携帯メール配信システムの価格の安さを知り驚きました。月額5,250円なら、1ヶ月に一組のお客様の来店があれば、システムコストは簡単に回収できると思ったことが導入を決めたきっかけです。
 
導入してからの効果はいかがですか?
導入後3ヶ月くらいは、メール会員を集めるのが大変でした。とにかくメール配信するためには、お客様のメールアドレスを収集しないと始まりませんからね。メール配信数1,000件以上が目標でしたから、ホールスタッフに導入目的を理解してもらうため、何度もミーティングをやりましたよ。ただ、メール配信数が100件を超えたぐらいから、「配信メールを見た」というお客様の来店が出始めてからは、スタッフもその効果を肌で実感して、それ以後は急激にアドレス収集が加速しました。
今では毎月1,000件前後のメール配信を月に2回行っています。売上構成の5%~7%ぐらいがメール配信によって集客するお客様になっています。そのコストパフォーマンスは、今までの販促の中でズバ抜けていいですし、何よりもお客様がメール配信を楽しみにしてくださる方が多くなったのが、一番うれしいことですね。
 
導入して困ったことはありますか?
やはりメール会員の獲得ですね。会員登録していただいたその日に生ビール一杯をご入会特典としてサービスをしているのですが、なかなか登録数が増えませんでした。でも、これもホールスタッフがドリンクオーダーの際に、「メール会員になっていただくと生ビールサービスですから、こちらに空メールしてくださいね・・」と声掛けをすることで、来店客の1割ぐらいの方がメール会員となっていただくことができるようになりました。
あとは、メール配信の文章内容を考えるのが最初は困りしましたが、今では配信ネタをアルバイトスタッフに伝えると、スタッフが楽しい文章考えてたりしてくれるので、助かっています。
 
導入して他に気がついたことはありますか?
初めは、メールで来店されても、お客様は何も言わずに割引を受けるだけでしたが、最近では「店長からメールが来てたよー」など、お客様から声をかけてくれるようになったことで、お客様とスタッフの会話が増えた事もうれしいです。お客様とスタッフのコミュニケーションがある方お店の方が楽しいですから。お客様とのキョリが縮まった感じがしています。それと配信の設定をする画面がシンプルでわかりやすいので、すぐに操作に慣なれました。自宅でおおよそのネタや文章を考えたら、早い時で配信設定も15分ぐらいでやってしまうときがあり、その手軽さ・シンプルさが気に入っています。システムの営業担当の方からも、難しい顧客分析をして時間を掛けるよりも、お客様に喜んでもらえる・楽しい内容をメールする方が大事だと何度もアドバイスを受け、今は楽しさ・特典の充実に一番気を使って文章を作っています。
 
最後に一言
とにかく、メール配信のシステムを導入して本当に良かったと思います。今では、系列店へも導入しています。
料理は、目で楽しんで、ほっぺたがおちそうなぐらいおいしい味を、居心地のよい空間で、楽しくご提供できるように日々努力しております。また近くまでいらっしゃいましたら、一度お店をのぞいみてください。
 
まるじゅう魚住店 中田店長
各テーブルにE-MADへの登録を促すPOP広告を設置。
店内は、信楽・備前壷焼のディスプレイが飾られ、ぬくもりが感じられる伝統的な和の作りを基調としている。